国勢調査のネット回答を20日まで延長 回答率低迷し目標に届かず

2020年10月10日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

国勢調査の回答率の低迷が続いているという。このため、総務省は国勢調査のインターネット回答の締め切りを10月20日まで延長すると発表した。回答期限の7日の回答率はネットからの回答が37.6%、郵送による回答が26.0%ほどしかないとされている(共同通信ITmediaNHK時事ドットコム)。

総務省は今回、コロナ渦の影響もあって、インターネットでの回答率の目標値を50%に定めていた。2015年に行われた調査の回答率はネット36.9%、郵送34.1%で、回答がなかった世帯を調査員による回収を加えることにより、最終的な回答率は86.9%となっていた(過去記事)。

NHKによると回を重ねるごとに回答拒否が増えているという。2000年の調査では回答拒否は1.7%だったのに対して、2015年の調査では13.1%にまで増加したという。その記事によれば、回答拒否急増の理由は、オートロックマンションの増加やライフスタイルの変化などにより、回収員と世帯主が会えなくなっていることもあるとしている。また個人情報の保護意識の高まりも回答拒否の理由となっている模様(NHKその2毎日新聞)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | 統計 | IT | 政府

 関連ストーリー:
国勢調査オンライン、地下に住んでいても「B1」と入力できない 2020年09月29日
米国では新型コロナの感染拡大で鬱や不安障害になる人が大きく増加 2020年06月02日
携帯電話の在圏情報を活用した国勢調査がスペイン全土で実施予定 2019年11月01日
日本の人口、初の減少 2016年10月27日
国勢調査、37%の世帯がオンラインで回答 2015年09月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース