Google、Chromeウェブストアの決済機能を廃止へ

2020年9月26日 10:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Googleは21日、Chromeウェブストアで有料アイテムを販売するための決済機能を廃止する計画を明らかにした(Googleの発表Android Policeの記事The Vergeの記事SlashGearの記事)。

Googleは11年前にChromeウェブストアを開始した当時、拡張機能の開発者に収益化手段を提供するために決済機能を追加したが、現在ではさまざまな決済手段が利用可能になったことを廃止の理由に挙げている。しかし、1月にはChromeウェブストアの決済機能を使用した不正な取引も問題になっている。既に新規有料アイテムの公開は3月27日から一時的に無効化されていたが、9月21日から恒久的な無効化となった。

今後は12月1日に無料トライアルが無効化、2021年2月1日にすべての決済が無効化される。少なくとも2021年7月まではライセンス情報を取得することが可能だが、将来的にはライセンシングAPIも廃止になるとのこと。拡張機能の収益化にChromeウェブストアの決済機能を使用してない開発者は何も影響を受けないが、決済機能を使用している場合やライセンシングAPIを使用している場合も別の手段を実装する必要がある。

個人的にはChromeウェブストアに「無料」というチェックボックスがあることから有料アイテムの存在を認識していた程度で、実際に有料アイテムを見たことも使ったこともなかった。スラドの皆さんはChromeウェブストアで有料アイテムを公開したり、入手したりしたことがあるだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | Google | デベロッパー | お金

 関連ストーリー:
英文化・メディア・スポーツ委員会、ゲーム内のガチャを賭博とみなして規制対象にするよう英政府に勧告 2019年09月16日
子供がプレイするビデオゲームで課金プレイ提供を禁止する米法案、超党派で提出される 2019年05月26日
欧米のギャンブル規制当局、ルートボックスに関する共同声明を発表 2018年09月22日
オランダ当局、ゲーム内のランダム型アイテム課金を賭博と認定 2018年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChrome

関連記事

広告