中国の江蘇省蘇州市で導入された文明コードアプリ、3日で運用停止へ

2020年9月9日 18:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

中国の江蘇省蘇州市で今月3日、市民の生活態度などを点数化する「文明コード」を新たに導入したが、市民の強い反発からたったの3日で運用停止する羽目になったようだ。読売新聞によると、このアプリは交通ルールの順守やボランティア参加といった項目から点数化するとされている(読売新聞Record China)。

Record Chinaによれば、この蘇州市が導入した制度は文明コードと呼ばれており、 「1人1つのコードを有して文明ポイントを構築し、文明を市民の通行証とする。文明ポイントの高い市民は、仕事や生活、就業、学習、娯楽で優先的に便宜を図ってもらうことができる」

 というものであるらしい。もちろん中国で使われているほかの信用スコアと同様に懲罰にも利用できるものであるようだ。中国では新型コロナウイルスに乗じて、個人の健康状態を識別する健康コードという制度も導入されている。健康コードが導入されて間もない状況で文明コードも導入されたのが、現地での反発をまねいた一因であるようだ(Forbes)。

katu256 曰く、

 中国江蘇省蘇州市で、市民の生活態度などを点数管理するアプリを公開したが、反発が大きく運用開始から3日で運用を停止した様だ。
このアプリは交通ルール順守と、ボランティア参加の2項目から利用者の生活態度を数値化するもので、点数が高いと就職に有利などと説明されていた。
中国政府は2014年から個人の信用情報を一括管理する目的で、社会信用システムの構築を進めており、アリババグループ傘下の芝麻信用が
2015年に導入した信用スコアは、金融や不動産などの分野でサービスを拡大している。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 中国 | プライバシ

 関連ストーリー:
Yahoo!スコアがサービス終了。満足いただけるサービス提供に至らないと判断 2020年07月01日
NTTドコモ、金融機関に信用スコアを提供するサービスを開始 2019年08月30日
中国で「債務の返済が滞っている人」が半径500m以内にいると通知するアプリが開発される 2019年01月28日
日本でも採用の進む信用スコア 2019年01月11日
中国の「信用スコア」システムは当局によって恣意的に運用されている 2018年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国アリババ新型コロナウイルス

関連記事

広告