WeChatが新型コロナ関連の単語2000個以上を検閲へ トロント大学調査

2020年9月1日 08:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 トロント大学のCitizen Labによる調査によると、中国テンセントが運用するWeChat上で、今年1月から5月の間、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連する2,000個以上もの単語が検閲対象になっていたという(トロント大学iPhone ManiaWIRED)。

検閲対象は政府の批判から一般的な健康情報に至るまで含まれているが、多くは中国への国際的な批判に対する内容だった。習近平+武漢といった単語や、WHOのテドロス事務局長が中国の国旗をマスクとして付けたコラ画像なども検閲の対象となっていたようだ。

また3月から行方不明になっている企業家の任志強氏関連、武漢研究所に対するもの、世界保健機関、赤十字、マスク外交などの単語についてもがブロックされていたとされる。また米国による中国批判が強まると、トランプ大統領関連の単語についてもブロック対象となっていた模様。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | YRO | 中国

 関連ストーリー:
中国政府、TLS 1.3とESNIを使用するすべての暗号化されたHTTPSトラフィックをブロック中 2020年08月13日
米政府、TikTokに9月15日までの米事業売却か廃業の二択を迫る 2020年08月05日
米バー司法長官、ディズニーやAppleなどを中国政府に従っていると批判 2020年07月23日
米国務省、中国ファーウェイ社員にビザ発給を制限すると発表 2020年07月21日
新型コロナウイルスの記録をGitHubで公開していたとされる中国のユーザー、中国当局に捕まる 2020年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国iPhone習近平新型コロナウイルス

関連記事

広告