武漢大学ら、写真や動画を新海誠や宮崎駿っぽく変換する技術を開発

2020年8月17日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

写真をイラスト風にする技術は昔からあるが、この「AnimeGAN: A Novel Lightweight GAN for Photo Animation」は、深層学習を用いることで宮崎駿風、新海誠風といった作風を再現できるソフトだそうだ(ITmedia)。

このソフトでは変換される先をアニメ風に特化していることから、パラメーターが少なく、処理が軽いのが特徴だという。Tachibana Yoshino氏がこのAnimeGANのオープンソース版を元に、TensorFlowを使用して実装したものをGitHubで公開しているとのこと。また変換したものを動画にしたものもアップされている。 

スラドのコメントを読む | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
マンガ・アニメのキャラクター3万9千人分の誕生日を解析。架空キャラだけに偏りが存在 2020年07月29日
不動産会社のチラシ投函は回避できる 2020年07月23日
22万円の「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2 ガンダム」予約開始後に瞬殺される 2020年07月22日
週刊少年チャンピオンで「約20潤無量大数」のケタ違い人気投票が発生 2020年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGitHub新海誠宮崎駿オープンソース

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース