日経平均テクニカル:3連騰、ボリンジャーは上値拡張示唆

2020年8月13日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:3連騰、ボリンジャーは上値拡張示唆
13日の日経平均は3連騰して23000円の節目を上抜け、6月9日に付けたコロナ暴落後のザラ場高値を上回った。ローソク足は大幅なマドを空けて上昇して陽線を引き、強い買い意欲を窺わせた。一目均衡表では株価は雲上限との乖離幅を拡大し、買い手優勢の形状が顕著になった。横ばいだった基準線が上向き、昨日の5日線と25日線によるゴールデンクロス示現と合わせて上昇トレンド入りを示唆している。ボリンジャーバンドで本日終値が+2σを突破したこともあり、上値拡張局面の継続が期待できよう。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース