アンジェス 新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画

2020年8月6日 10:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:32JST アンジェス---新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画
アンジェス<4563>は4日、新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発におけるワクチン製造において、新たにKaneka Eurogentecが中間体の分担製造でタカラバイオ<4974>の協力体制に加わったことを発表。

製造においては、すでに AGC Biologicsとシオノギファーマが中間体の分担製造と Cytivaが精製用資材の優先的な供給でタカラバイオの協力体制に参画している。Kaneka Eurogentecの参画により、大量生産に向けた体制が構築されたことになる。製造に関しては、順次準備を進めているとのこと。《YM》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース