SpaceX、Falcon 9ロケットのフェアリングを2つともキャッチ成功

2020年7月23日 19:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

SpaceXは日本時間21日、Falcon 9ロケットによる韓国の軍用通信衛星ANASIS-II打ち上げミッションをケープカナベラル空軍基地で実施した(SpaceXのニュース記事Ars Technicaの記事SlashGearの記事動画)。

打上げが行われたのは日本時間21日6時。ANASIS-IIは約32分後、予定軌道に投入されて打上げは成功した。Falcon 9ロケット第1段は打ち上げから約8分30秒後に大西洋上のドローン船「Just Read the Instructions」に着陸して回収に成功。さらに、両方のフェアリングを2艘のキャッチャーボートでキャッチすることにも成功している。これまでに成功したフェアリングキャッチは半分(片側)のみであり、両方のキャッチに成功するのは今回が初めてだ(イーロン・マスク氏のツイートSpaceXのツイート[1][2])。

今回のFalcon 9ロケット第1段は5月にCrew Dragon宇宙船の有人テストフライトで使用・回収されたもので、NASAのロバート・ベンケン宇宙飛行士とダグラス・ハーリー宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へ送っている。前回の使用から51日後の再利用は、Falcon 9ロケットのターンアラウンド最短記録というだけでなく、1985年にスペースシャトル・アトランティス号が記録した54日を破り、過去に打ち上げられたすべての軌道ロケットで最短になるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | スポーツ

 関連ストーリー:
SpaceX、国際宇宙ステーションへのクルー輸送に向けた有人テストフライトの打ち上げに成功 2020年05月31日
SpaceX、同じロケット第1段で5回目の打ち上げに成功 2020年03月20日
SpaceX、ロケット第1段とフェアリングを再使用したStarlink打ち上げミッションに成功 2019年11月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケットSpaceXイーロン・マスクFalcon 9国際宇宙ステーション(ISS)

関連記事

広告