日本版シリコンバレー実現へ 関東・中部・関西・九州の4都市圏に拠点構築へ

2020年7月15日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 なんか前にも似たような話があった気がするが、政府がシリコンバレーのような拠点都市を構築するための取り組みを行うそうだ。拠点として選ばれたのは、東京都を中心に横浜市、茨城県つくば市を含む首都圏、愛知県と名古屋市、浜松市を合わせた中部圏。大阪市、京都市、神戸市の関西圏。そして九州の福岡市だという。当初は2~3都市の予定だったが、立候補が多かったことから増やしたそうだ(産経新聞NHKMBSNEWS)。

選定された都市は今後3年間、優先的な補助金の支給や規制緩和を受けられるとのこと。スタートアップ企業やベンチャーキャピタルなどが集まって好循環を生み出すエコシステムの形成を目指すとしている。こうしたシステムを作ったのは、日本が世界各国に追いつけなくなるから、ということらしい。日本にユニコーン企業が極端に少ないのも、政府が危機感を持っている理由だそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | お金

 関連ストーリー:
関西経済同友会、「個人情報保護法特区」の設置を求める 2017年08月10日
ヤマト運輸とDeNAが共同で「オンデマンド配達」の実証実験を開始 2017年04月18日
秋田県仙北市で無人運転バスの公道走行実験が行われる 2016年11月15日
DeNAとヤマト運輸、自動運転車を使った物流サービスの実験を来年3月に開始 2016年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスタートアップ

関連記事

広告