米企業、社員にTikTokの削除を求める動き? Amazonの削除要請は誤報

2020年7月14日 18:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米国企業内では、社員にTikTokをモバイル端末から削除するよう要請するケースが出てきているそうだ(CNETThe Verge)。

Amazonでは社員に10日以内にTikTokの削除を求めるメールが送られたことで話題となった。Amazonは電子メールが誤って送信されたもので、実際に社員に削除を要請する意図はないという。しかし、すでに文面が用意されていることは、同社が社員に対してTikTok削除を要請する可能性があることを示すものともいえる。

米金融機関である「ウェルズ・ファーゴ」は、従業員に対して企業所有の端末からTikTokを削除するよう求めたという。すでに業務端末にTikTokを入れているユーザーは特定済みだとしている。同銀の広報担当者は、「TikTokのプライバシーとセキュリティの管理、慣行に関する懸念がある。加えて、企業所有のデバイスは会社業務にのみ使うべきだ。このため従業員にデバイスからアプリを削除するよう指示した」とのこと。

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米政府、TikTokなどの禁止を検討中と報道。TikTokユーザーは怒りでトランプ公式アプリを攻撃→ランキングアップへ 2020年07月10日
TikTokが香港から撤退すると発表。中国の検閲回避のためか 2020年07月09日
インド、TikTokなどの中国製アプリの使用を禁止へ。国家安全保障上の理由から 2020年07月01日
TikTokが他のアプリで入力中のテキストを読み取る様子が動画化される 2020年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティAmazonTikTok

関連記事

広告

財経アクセスランキング