ピエール・カルダンに密着した映画『ライフ・イズ・カラフル!』天才デザイナーの知られざる素顔

2020年7月6日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ファッションデザイナーのピエール・カルダンに密着したドキュメンタリー映画『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』が、2020年10月2日(金)より全国公開される。

■“モード界の革命児”ピエール・カルダンとは?

 本作でフォーカスするのは、“モード界の革命児”として知られるイタリアの天才デザイナー、ピエール・カルダン。自身の名を冠したブランド「ピエール カルダン(Pierre Cardin)」で、フランス オートクチュール協会のメンバーとして初めて大衆向けの婦人プレタポルテ・コレクションを発表した。

 翌年には紳士プレタポルテ・コレクションを発表し、モードの民主化を実現。その未来的なコスモコール・ルックは、当時の若者を中心に熱狂の渦に巻き込み、“モード界の革命児”と称された。

 活動はファッションだけにとどまらず、インテリア・車といったライフスタイルに関わる商品のデザイン、高級レストラン・劇場の運営も行ってきた。さらに、デザイナーで初めてライセンスビジネスを興し成功するなど、数えきれないほどの偉業を成し遂げてきた。

■天才デザイナーの97年間を追ったドキュメンタリー

 作品内では、今もなお現役で活躍するピエール・カルダンの97年間を、秘蔵映像や豪華なゲストたちの証言とともに紹介。

 イヴ・サンローランギ ラロッシュらと共に成し遂げたクリスチャン ディオールの立ち上げや、妻で女優のジャンヌ・モローとの運命的な恋、情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン「マキシム・ド・パリ」のリベンジ買収など、そのチャーミングな笑顔の裏に隠された波乱万丈な人生を紐解いてゆく。

■ナレーションに野宮真貴

 なお、ナレーションには、元ピチカート・ファイヴで歌手・エッセイストとしても活躍する野宮真貴を起用。ステージ衣装としてピエール・カルダンを愛用する野宮は「永遠のアイドル」とピエール・カルダンを表現。ナレーションを終えて「もうすぐ100歳になるカルダンさんの元気な姿に勇気をもらいました。やっぱりおしゃれは人を輝かせるもの。私もまだまだ頑張らなきゃ!」とコメントしている。

【詳細】
『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』
公開日:2020年10月2日(金)
監督:P.デビッド・エバーソール、トッド・ヒューズ
出演:ピエール・カルダン、ジャン・ポール・ゴルチエ、シャロン・ストーン、ナオミ・キャンベル、森英恵、高田賢三、桂由美

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード高田賢三

関連記事

広告

財経アクセスランキング