映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』元“オアシス”リアムの成功と挫折、復活までを描く

2020年7月6日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』が、2020年9月25日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。伝説的なバンド「オアシス」のメンバー リアム・ギャラガーの成功と挫折、ソロアーティストとしての復活までを描く。

■激動の音楽人生を歩んできたリアム・ギャラガー

 音楽ファンならば知らぬ者はいない稀代のフロントマン、リアム・ギャラガー。オアシス全盛期時代には、破天荒でスキャンダラスなリアムの行動によって、メディアから度々バッシングを受けていた。また2009年には、バンドメンバーであり、実兄のノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、バンドは解散状態へ。さらには新たに結成したバンド「ビーディ・アイ」も軌道にのらぬまま解散を迎えてしまう。

 失意の中、リアムが決心したのは、自らの力だけで音楽の世界を生き抜くということー。本作ではリアムが駆け抜けてきた激動の音楽人生を、実際の映像や、親密な関係者の証言をもとに、克明に映し出していく。

■“誰も見た事のない”リアムの素顔

 公開された予告映像には、解散当時の様子や、酒におぼれ、離婚訴訟に勃発した事件をはじめ、父親としての姿など、“誰も見た事がない”リアムの素顔が映し出されている。また散後も執拗にSNSで攻撃する兄ノエルへ本当の気持ちが垣間見られるシーンも登場。オアシスファンの人は、是非シアターに足を運んで鑑賞してみてはいかがだろう。

■詳細

 映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』
公開日:2020年9月25日(金)よりTOHO シネマズシャンテほか全国ロードショー ※当初2020年7月3日(金)公開予定だったが延期。延期発表前に購入した前売券ムビチケは、延期後の上映にも利用可能。
監督:ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演:リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティン
配給:ポニーキャニオン

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードノエル・ギャラガー

関連記事

広告

財経アクセスランキング