ローソンとファミリーマート、商品陳列にロボットを導入へ

2020年7月4日 10:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

コンビニでロボットの導入が進んでいるようだ。ロボットの導入を検討しているのはファミリーマートとローソンで、両社ともにロボティクス企業のTelexistenceと提携する(Impress WatchマイナビCNETImpress Watchその2)。

ファミリーマートは今夏から都内店舗で、商品陳列業務などを行なうTelexistence製のロボットとAugmented Workforce Platform(AWP:拡張労働基盤)を導入。2022年までに20店舗ほどにロボットを投入する計画だという。なお、AWPを支えるクラウドシステムにはMicrosoftのAzureが使われているそうだ。

ローソンは9月にロボットを使用した次世代型コンビニをオープンする。第一号店となるのは、国の特定事業としての認定を受けた「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」。同店ではロボットにより、おにぎり・弁当・パスタなどの食事系商品、チルド飲料、日配食品などの要冷蔵商品、飲料、酒類が品出しされるとのこと。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | ロボット

 関連ストーリー:
プロ野球・ソフトバンクホークスファンのPepper、ついに球場スタンドで応援 2020年06月21日
ツクモロボット王国が閉鎖、今後はネット通販に移行 2020年05月23日
シンガポールでは4足歩行ロボットが公園をパトロール、ソーシャルディスタンスを呼びかける 2020年05月12日
ゴリラの群れに潜入したロボットゴリラ、ゴリラが鼻歌を歌いながら食事をする様子の撮影に成功 2020年05月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットローソンファミリーマートMicrosoftAzure

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース