逮捕歴ツイートの削除認められず 東京高裁で原告男性が逆転敗訴

2020年7月3日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitter上で10年近く前の逮捕歴が実名で書かれた投稿が表示され続けるのは、プライバシーの侵害だとして、男性がTwitterに対して、ツイートの削除を求めた訴訟の控訴審判決が29日に行われた。東京高裁は1審の東京地裁判決を取り消し、原告の請求を棄却した(朝日新聞共同毎日新聞)。

野山宏裁判長は投稿について、ツイッターは世界で6番目にアクセスが多いサイトだが、投稿の削除を請求できるのは「誰でも閲覧できる状態を続ける必要性などと比べ、公表されない法的利益が明らかに優越する時に限られる」と述べた。Google検索などの一般検索サイトでは既に逮捕歴が表示されておらず、男性が不利益を受ける可能性は低いとして、「削除する利益が明らかに優越するとはいえない」と結論づけたとしている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 法廷 | Twitter

 関連ストーリー:
札幌地裁、Googleに対し逮捕歴の検索結果削除を命じる 2019年12月14日
Chromiumベースの新Microsoft Edge、安定版がダウンロード可能に 2019年10月26日
Twitterで「すぐ消す」ツイートが流行 2019年10月18日
人気アニメ「サウスパーク」、中国を皮肉った結果中国内で検閲対象となる 2019年10月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterGoogle裁判

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース