ライフ RSS

 

窒息死が最も多いのは元旦 データで裏付け

2020年6月24日 07:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

やはりという感じではあるが、筑波大の研究チームによると、気管に食べ物が入る「誤嚥」による窒息死は、1月1日(元日)が最も多いそうだ。意外なことに研究機関が全国データで裏付けたのはこれが初めてだそう。厚生労働省が集計した2006年~16年の人口動態調査死亡票を活用。誤嚥で窒息死した5万2366人の年齢や発生場所、死亡日などのデータを分析したという。

日付別では、11年間の平均で1月1日の死者数が71人と最も多い。同じく2日が55人、3日が45人と続いた。なお窒息死した人の約7割が75歳以上の後期高齢者だとしている。元となる資料には窒息の原因となった食べ物のデータはなかったが、研究チームは正月三が日に死者が多いことから、原因は餅だとみているという(毎日新聞)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 医療

 関連ストーリー:
米を小麦粉の代わりに利用できるよう加工した「ライスジュレ」が開発される 2017年12月14日
一部の自治体で屋外での餅つきを規制する動きが広まる 2016年11月30日
本物の煎餅を使った、「食べられる」iPhoneケース 2012年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高齢者厚生労働省

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース