新型コロナウイルスの影響で4月の広告は大ダメージ

2020年6月13日 13:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 経済産業省によると、4月分の広告業界の売り上げが激減したそうだ。広告業の全体で見ると2019年比で21.2%も減少した。主要メディアである新聞、雑誌、テレビ、ラジオでの売上高についても昨年比で20.3%と大幅に減っているそうだ。中でも落ち込みが激しいのが新聞で同じく32.4%の減少だった。

 ちなみに雑誌は4月分が前年比で25.9%、テレビは同じく18.1%、ラジオが同18.5%の減少だった。インターネット広告も2020年3月は0.3%増加したものの、4月は7.1%減少下とのこと。どのメディアも3月から売り上げが落ちているようなので、新型コロナ関連の影響がもろに出ている模様(日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 日記 | ニュース | 広告

 関連ストーリー:
2020年第1四半期のスマートフォン出荷台数は前年比11.7%減の2億7,580万台、過去最大の減少幅に 2020年05月06日
米国では新型コロナウイルスの影響でテレビやDVDプレイヤーの売り上げが大幅に増加 2020年05月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード経済産業省新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース