カシオ計算機は教育関連商品の回復など期待され一段と出直る

2020年5月25日 10:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前期は学校休校により関数電卓・⼀般電卓などに期ズレが発生

 カシオ計算機<6952>(東1)は5月25日、続伸基調で始まり、取引開始後に12%高の1847円(204円高)をつけて一段と出直りを強めている。

 学校の休校などにより、2020年3月期の決算は、関数電卓、⼀般電卓などの「教育関連商品の売上計上時期に期ズレが発生」(決算説明資料より)し、業績に影響を与えたが、1都3県でも緊急事態宣言の解除が確定的になったため、こうした影響の巻き返しなどが期待されている。

 20年3月期は、第4四半期に入って新型コロナウイルス流行の影響により、「多くの商品において大幅に需要が減退」(同)。通期の連結売上高は前期比5.8%減少し、親会社株主に帰属する当期純利益は同20.5%減少した。今期の予想数値は発表を見送った。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告