ライフ RSS

 

国内での新型コロナ感染拡大、海外からの帰国者が大きな感染源に

2020年5月1日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 日本における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染は、多くの感染者を出した大型客船「ダイヤモンドプリンセス号」や中国からの訪日外国人ではなく、海外在留邦人や海外旅行者といった海外からの帰国者経由で広まったとの分析結果を国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センターが発表した朝日新聞)。

 SARS-CoV-2などのウイルスの遺伝子は感染の過程で変異を繰り返すことが知られているが、感染症研究所はこれを利用し、SARS-CoV-2感染者から採取したサンプルの全遺伝子(ゲノム)情報を分析して感染者のつながりを視覚化した。その結果、1月から増加していた中国やダイヤモンドプリンセス号由来の感染は2月中までに押さえ込むことに成功していたものの、その後ヨーロッパや北米からの帰国者からの感染拡大が急増したことが確認できたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
新型コロナウイルスで「再陽性」となる患者が相次いで確認される 2020年04月27日
CES 2020がCOVID-19のスーパースプレッダーイベントだったという説 2020年04月26日
全国主要都市の人口変動データが公開される。減少傾向ではあるものの「8割減」は達成できず 2020年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード訪日外国人遺伝子新型コロナウイルス

関連記事

広告