サッカー仏リーグ、打ち切りへ 9月まで開催困難で

2020年5月1日 07:11

小

中

大

印刷

 サッカーのフランスリーグは28日、新型コロナウイルスの影響で中断している1、2部リーグ戦が打ち切りとなることが明らかになった。

 フィリップ首相が国内でのサッカーの試合開催について、無観客試合も含めて9月まで許可しないことを発表したことで方針を固めた。30日には順位等、それまでの成績の扱いなどを協議する。打ち切りの決定は欧州5大リーグでは初めてとなる。

■CLホーム戦は国外での開催も

 3月13日から中断していたリーグ・アンが再開断念という結末を迎えた。2019-2020シーズンの今季はここまで、パリサンジェルマンが勝ち点68で首位を走っており、酒井宏樹所属のマルセイユが同56で2位につける展開で終盤を迎えようとしていた。他の欧州主要リーグと同様、3月に入ると新型コロナウイルス感染が拡大し、リーグ中断を余儀なくされていた。

 また、この日の決定により、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に勝ち残っているパリSGの試合についても、再開された場合でもホーム戦が国内で行われることが事実上、不可能となる。これについて、パリSGのアルケライフィ会長は、欧州CLへの引き続いての参加を明言した上で「フランスでプレーできなければ、国外でプレーするだろう」と語っている。

■リーグ再開を模索するも、迫られる決断

 欧州では開催を継続しているベラルーシリーグを除き、各リーグが中断となっている。主要リーグはそれぞれ再開へ向け方向性を探っている中、ドイツ・ブンデスリーガは来月中旬からの再開が国内メディアを通じて伝えられている。

 スペイン1部リーグ、イタリアセリエAも国内での感染状況を踏まえながらのリーグ再開を目指しているものの、この日のフランスリーグ中止の決定は各国の試合開催へ少なくない影響を与えるだろう。同じく28日には国際サッカー連盟(FIFA)のドーゲ医事委員長が、感染防止の為、9月までの公式戦開催は現実的ではないとの見解を示している。

 また、堂安律、板倉滉等がプレーするオランダリーグは既に打ち切りが決定している。(記事:佐藤文孝・記事一覧を見る

関連キーワードオランダフランス堂安律新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース