米海軍、UFO映像を正式に公開

2020年4月29日 19:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom曰く、 米国防総省が「未確認航空現象」の動画3本を公開した(CNN.co.jpの記事共同通信の記事)。

過去にリークしていた動画が正式に公開されたもので、米海軍が撮影したものであることは既に公表されていた。国防総省は「映像の真偽や、他にも何か写っているのではとの推測について整理するため」公開を決めたという。

なお、これを受けて日本の河野太郎防衛大臣は各自衛隊に対し、万が一UFOに遭遇した場合にどのように対応を行うかの検討を求めるという(産経ニュースの記事)。ただ、河野大臣はUFOを信じてはいないとのこと。

 動画は2004年11月に撮影された1本と、2015年1月に撮影された2本。2007年と2017年に非公式に公開されていた。これらの動画は既に機密指定が解除されており、公開しても未確認航空現象による領空侵犯の調査に影響することはないと判断されたとのこと(プレスリリース)。動画は海軍航空システムコマンド(NAVAIR)の連邦情報公開法(FOIA)による公開文書のページから入手できる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 軍事 | 宇宙 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
UFO研究団体、米陸軍と「未来技術を共同開発する」契約を締結 2019年10月24日
未確認飛行物体の目撃報告、米海軍が「未確認航空現象」と呼び公表 2019年09月20日
米サンダース議員、大統領に当選したら「地球外生命体に関する全情報を開示する」と述べる 2019年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊河野太郎

関連記事

広告