映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ティモシー・シャラメ×エル・ファニングのラブコメディ

2020年4月18日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、2020年夏に、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開。ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスが出演する。

■ウディ・アレンが贈る、NY舞台のロマンティック・コメディ

 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』で知られる巨匠ウディ・アレン監督の最新作。過去の監督作品『カフェ・ソサエティ』『女と男の観覧車』同様、今回もニューヨーク・マンハッタンを舞台にしながら、運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンティック・コメディを描き出す。

■ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスらが参加

 映画制作にあたっては、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメや、『マレフィセント』シリーズのエル・ファニングをはじめ、『デッド・ドント・ダイ』の出演が記憶に新しいセレーナ・ゴメスら豪華メンバーが集結。マンハッタンの街を舞台に、どんな恋模様がくり広げられるのか?スクリーン上映が待ち遠しい。

■キャラクター(キャスト)紹介

 ギャツビー(ティモシー・シャラメ)
ニューヨーク出身の大学生。ガールフレンド・アシュレーを週末にニューヨークを案内する予定だったが、約束をドタキャンされてしまう。

 アシュレー(エル・ファニング)
ギャツビーのガールフレンド。マンハッタンで映画監督ローランド・ポラードに取材をする機会を得て、ニューヨークへと到着する。当初ギャツビーとロマンティックな週末を過ごす予定だったが、ポラードからの試写会の誘いを断れず、ドタキャンしてしまう。

 チャン(セレーナ・ゴメス)
ギャツビーの元恋人の妹。学生映画の撮影の中で、アシュレーに約束をドタキャンされたギャツビーがエキストラとして現れ、キスシーンの撮影を行う。

 テッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)
脚本家。ポラードの紹介でアシュレーに出会う。

 <あらすじ>
大学生のカップル、ギャツビーとアシュレーは、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけは、アシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラードにマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事がつぎつぎと起こるのだった……。

■詳細

 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
公開時期:2020年夏、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー
配給:ロングライド

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード新宿ピカデリーセレーナ・ゴメスデッド・ドント・ダイ

関連記事

広告

財経アクセスランキング