ドコモ装ったフィッシングメール詐欺で中国人ら5人逮捕、昨年の被害件数は約500件

2020年4月7日 18:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NTTドコモを装いフィッシングメールを送って「dアカウント」の情報を盗みとり、それを使ってプリペイドカードなどを不正購入したとして詐欺容疑で中国人男女5人が逮捕された(西日本新聞日経新聞)。

 昨年九州地方などでではこの手口を使った詐欺が頻発しており、一年間での被害件数は約500件、被害総額は約3500万円に上ったという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | IT

 関連ストーリー:
NTTドコモのd払い、相次ぐ不正利用を受け利用規約を改定、補償を明記。PayPayも追随 2019年08月30日
NTTドコモを騙るフィッシングSMSが多発、d払いの不正利用被害多数も補償制度なく、被害届も出せず 2019年08月01日
「振り込め詐欺」は発信者番号を偽装する? 2005年01月22日
IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表、「スマホ決済の不正利用」1位に 2020年01月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモプリペイドカードフィッシング

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース