宇宙飛行士の野口聡一氏、米SpaceXの有人宇宙船Crew Dragonへの搭乗決まる

2020年4月3日 20:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米SpaceXの有人宇宙船「Crew Dragon」の運用初号機に、宇宙飛行士の野口聡一氏が搭乗することが決まった(NASAの発表NHKITmedia)。

 Crew Dragonの最初の運用ミッションは国際宇宙ステーション(ISS)への飛行となっており、搭乗者はNASAのMichael Hopkins氏とVictor Glover Jr.氏、Shannon Walker氏、そして野口聡一氏となっている。

 野口氏は2005年にスペースシャトル、2009年にソユーズで宇宙飛行を経験しており、今回が3度目の宇宙飛行となる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
NASAのクリスティーナ・コック宇宙飛行士、女性の宇宙飛行最長記録を更新 2020年01月02日
ボーイングのISSクルー輸送に向けた無人テストフライト、打ち上げ成功もISS到達は断念 2019年12月22日
宇宙飛行士野口聡一さん、地球に帰還 2010年06月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASASpaceX国際宇宙ステーション(ISS)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース