大迫傑が日本新記録、五輪代表有力に 東京マラソン

2020年3月1日 21:35

小

中

大

印刷

 1日、男子マラソンの東京オリンピック代表選考会を兼ねた東京マラソンが行われ、終盤に追い上げた大迫傑が、日本新記録を出して代表に大きく近づいた。

 レースは、序盤から日本記録を大幅に更新するハイペースで進む。井上大仁が先頭争いに加わり、大迫は先頭集団の後方に位置し、設楽悠太も後方の集団ながら日本記録を更新するペースで続く。

 中間点では、井上らが1時間2分1秒で通過。フィニッシュ予想は2時間04分02秒と、日本記録を大幅に上回るペースを維持する。大迫は22キロ付近から徐々に引き離され始め、27キロでは先頭集団がレゲセ、レマ、メングストゥのエチオピア勢3人となる。

 30キロを過ぎた付近から第3集団にいた大迫が井上との差を一気に縮め、第2集団に置いつく。ここまで快調に走っていた井上の表情が苦しくなった32キロ過ぎでは、大迫が第2集団の先頭に飛び出す。

 大迫はその後もペースが衰えず、39キロ付近から時折、右脇腹を押さえる仕草も見せながらも粘り強い走りに徹する。

 そのまま最後は雄叫びを上げながらのガッツポーズでゴールし、自身の日本記録を21秒更新する2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。

 優勝争いは39キロ手前でレゲセがレマを引き離し、2時間4分15秒で大会連覇を果たした。設楽は2時間7分台ながら16位、終盤失速した井上は26位に終わった。

関連キーワード東京オリンピック大迫傑東京マラソンマラソン

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース