米独の情報機関、有力暗号機メーカーに秘密裏に出資 他国の機密を収集

2020年2月14日 16:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 多くの国で使われていた暗号化装置を開発していたスイスのCrypto社を米国およびドイツの諜報機関が1970年代に秘密裏に買収、同社の暗号化装置を使った外交公電などの通信内容解読していたことが判明した。同社の暗号装置は2000年代まで120か国以上に販売されており、一時は各国政府の暗号通信の約40%で使われるほどのシェアがあったという(Washington PostBBC東京新聞Slashdot)。

 実際、これによって1979年のイラン米大使館人質事件時にイラン当局の動きを監視したり、1982年のフォークランド紛争でアルゼンチン軍の機密情報を入手する、といった成果が上がっていたそうだ。ただ、ソ連(現ロシア)や中国、北朝鮮はCrypto社の暗号機器を導入していなかったという。

 なお、Crypto社の機器が人気だったのは、スイスが精密機器に強いとされており、また永世中立国であることから信頼できるという点も大きかったようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 暗号 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米上院議員、AppleやFacebookがバックドアを作らないなら法律で規制すると迫る 2019年12月17日
米トランプ政権、法執行機関が解読できないエンドツーエンド暗号化を禁止することを検討 2019年07月10日
欧州議会の委員会、すべての電子通信にエンドツーエンドの暗号化を推奨 2017年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツアメリカ中国北朝鮮スイスアルゼンチン買収イラン

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース