湘南がJ1残留、J2徳島と引き分け J1参入プレーオフ決定戦

2019年12月14日 19:02

小

中

大

印刷

 14日、サッカーのJ1参入プレーオフは決定戦が行われ、湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスが対戦、1-1で引き分け湘南のJ1残留が決まった。今シーズンJ1で16位の湘南は、J2を4位で終え参入プレーオフを勝ち抜いてきた徳島をホームのShonanBMWスタジアム平塚に迎え、引き分けでも残留が決まる試合に先制点を許すも、落ち着いて引き分けに持ち込んだ。

 湘南は引き分けでも良い優位な立場であったが、試合開始直後から押し込んでいく。しかし先制したのは徳島だった。前半20分、徳島は野村直輝のファーサイドへのCKをフリーの石井秀典がヘッドで折り返す。これをゴール前で待っていた鈴木徳真がボレーシュートを放ち、先制する。

 徳島は守備を固めて逃げ切りを意識した展開となると、湘南のチャンスが増える。そして後半19分、湘南は山崎凌吾が左サイドからマイナスのクロスを送る。これをクリスランがスルーすると、ボールは松田天馬に渡る。松田はDFを交わしてGKと1対1になると、冷静にゴールに流し込んで同点に追い付く。

 湘南は終盤になっても走力に劣えを見せない。後半51分、徳島は鈴木徳真がPA手前から放ったシュートが、惜しくもゴールネット外側を揺らす。結局徳島は残り時間で追加点を奪えず、2014年以来のJ1復帰はならなかった。

関連キーワードサッカー湘南ベルマーレ

関連記事

広告

財経アクセスランキング