ハラルオタフクソース、東南アジアで人気に

2019年12月12日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 お好み焼きや焼きそば向けのソースで知られるオタフクソースが、イスラム教徒向けの「ハラル」に対応したオタフクソースを開発したそうだ。2017年にハラル認証を取得、マレーシアで生産してその売り上げは年間1億円に達するという(毎日新聞)。 お好み焼きは言われてみればベジタリアンでも具材の選択次第で食べられるので伸びしろはありそう。

 ハラル認証を取得するにはアルコール類や豚肉が使用できないため、代わりにカツオやカキのうまみ成分を使っているという。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ニュース | idle

 関連ストーリー:
タリバンがマクドナルドで食事しない理由 2016年05月05日
大阪のたこ焼き店とお好み焼き店、ミシュランガイドに掲載へ 2015年10月23日
飛行機の中で「粉もの」が食べられるように、ピーチが機内食として採用 2015年03月03日
オリバーソースから「しょース」が発売 2013年03月12日
広島お好み焼きに資格ができる 2006年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマレーシア

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース