大坂なおみ、世界1位破り逆転で優勝 女子テニス中国OP

2019年10月6日 21:42

印刷

 6日、中国・北京で女子テニスのチャイナ・オープンシングルス決勝が行われ、大坂なおみがアシュリー・バーティ(オーストラリア)に勝利し初優勝した。世界ランキング4位で第4シードの大坂なおみが、同1位で第1シードのバーティを3-6、6-3、6-2で破る逆転勝利だった。

 世界ランキング1位のバーティに粘りながら逆転勝利したことで、大坂の世界ランキングが3位になることも確定した。

 第1セット試合開始直後からストロークの打ち合いを展開し、サービスゲームのキープが続く。しかし第6ゲームで大坂にダブルフォルトやショットミスが続きブレークされると、そのまま3-6でセットを先取される。

 第2セットでブレークバックしたい大坂だったが、バーティにストロークで押し込まれてチャンスを掴めない。互角の打ち合いだったが、第6ゲームで大坂はブレークに成功すると、そのまま6-3でセットを奪い返す。

 第3セットは、大坂が第1ゲームをバーティのダブルフォルトもあってブレーク。バーティのストロークは好調であったが、第7ゲームではダブルフォルトをするなどのミスがあり2度目のブレークに成功する。続く最終ゲームをキープし、6-2で最終セットを奪っての逆転勝利を挙げた。

関連キーワードテニス大坂なおみ

関連記事