日本最大の水上メガソーラー、台風の強風により火災発生

2019年9月10日 18:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 千葉県市原市の山倉ダムに設置されていた太陽光発電パネルが台風15号の影響で一部損壊し、火災も発生したと報じられている(テレビ朝日TogetterまとめNHK朝日新聞千葉日報)。消火のためには太陽光パネルの通電を止める必要があるため、消火活動には手間取ったようだ

 太陽発電が広がるにつれ、災害時のリスクも懸念されるようになってきたが、どうなのだろうか?

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | 電力

 関連ストーリー:
中国で世界最大という出力40MWの水上設置型太陽光発電施設が完成 2017年05月31日
太陽光パネルの需要激減、関連業界に打撃 2016年09月06日
太陽光発電システムを設置した建築物の消火には注意が必要 2017年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県太陽光発電メガソーラー台風

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース