ICANN、AmazonによるgTLD「.amazon」の申請を認める方向で決着へ

2019年5月25日 17:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)「.amazon」の使用権をめぐりAmazon EU S.à r.l.とアマゾン協力条約機構(ACTO)加盟国との間で行なわれていた論争は、ICANNがAmazon EU案を受け入れることで決着の運びとなったようだ(ICANNの発表Mashableの記事The Registerの記事)。

Amazon EUは2012年にgTLD「.amazon」(および、その国際化ドメイン名バージョン2件)を申請。しかし、南米各国は小売り大手のAmazonによるドメイン名の独占や、アマゾンの生物群系の保護など公共の利益にかかわる用途で使用できなくなることを危惧しており、ICANNの諮問機関GACはブラジルとペルーの要請により早期警告(PDF)を出している。

ブラジルとペルーの要請については、GACメンバーでないACTO加盟国のボリビアとエクアドル、ガイアナに加え、ACTO加盟国ではないアルゼンチン政府が全面的に支持していた。その後、議論はACTO加盟8か国(ブラジル・ボリビア・コロンビア・エクアドル・ガイアナ・ペルー・スリナム・ベネズエラ)とAmazon EUの間で続いていたが、相互に受け入れ可能な結論に達するのは困難だった。ただし、Amazon EUによる4月17日の提案はGACの勧告と大きく相違するものではないことから、ICANNの理事会では申請を拒否する理由はないと判断したとのこと。

理事会が許容可能と判断したAmazon EUの提案のポイントとしては、アマゾニア地域の重要な文化や遺産として幅広く知られている用語を各.amazon TLDのドメイン名に使わないことや、各.amazon TLDについて9つのドメイン名をACTOおよび加盟国が非商用目的で利用できるよう提供することが挙げられている。Amazon EUの申請については、今後30日間の意見募集を行ったうえで手続きを進めていくとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | スラッシュバック | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Amazon.com、「.amazon」ドメインを巡って南米8カ国と争う 2019年04月15日
眠っている鳥の目から蛾が涙を飲む様子が撮影される 2018年10月06日
米著作者団体や出版社、Amazonによる「.book」といったgTLD取得の動きに反発 2013年03月13日
AmazonによるgTLD「.amazon」の申請にブラジルとペルーが異議 2012年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジルAmazonアルゼンチンボリビアコロンビア(国)

関連記事

広告