ハミルトン、映画『インターステラー』の“マーフ ウォッチ”を発売

2019年2月16日 12:41

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ハミルトン(HAMILTON)が、映画『インターステラー』のために特別に制作した“マーフ ウォッチ”を製品化。2019年5月より発売される。

■時空を超えた父と娘の絆“マーフウォッチ”が製品化

 その映像美、緻密な脚本、そして父と娘の感動的なストーリーで観客を魅了した、クリストファー・ノーラン監督による2014年のSF映画『インターステラー』。その劇中で父と娘を繋ぐ重要な鍵となる時計、通称“マーフ ウォッチ”が、公開から約4年の時を経て、「カーキ フィールド マーフ オート(Khaki Filed Murph Auto)」として登場する。

■劇中モデルにはない特別な装飾も

 劇中モデルを忠実に再現した本モデルには、標準持続時間80時間を実現した自動巻きムーブメント H-10を搭載し、ケース径42mmのステンレススチールケースを採用。暗所での視認性を上げるベージュのスーパールミノバを施した針と、ブラックダイヤルのシックなコンビネーションもポイントだ。

 また、劇中モデルにはなかったディテールとして、秒針にモールス信号で表した「Eureka」の文字をラッカー仕上げでプリント。裸眼でかろうじて見えるほどの装飾だが、その存在を知っている者だけが密かに楽しめる、ファンのための特別なサプライズだ。

■“テッセラクト”を再現したスペシャルボックス

 『インターステラー』でプロダクションデザイナーを務めたネイサン・クロウリーとの共同制作によるスペシャルボックスにも注目だ。劇中に登場する“テッセラクト=高次元空間”をイメージしたもので、クーパーが時空を超えてマーフと対話する事が出来た場所“スーパーキューブ”の内部を、カラフルなストライプで表現している。このスペシャルボックスは、初回2,555個限定で付属。2,555という数字は、劇中で主人公一行が辿りつく“ミラーの星”における1時間が、地球の7年=2,555日に相当することに由来している。

■商品情報

 「カーキ フィールド マーフ オート(Khaki Filed Murph Auto)」発売時期:2019年5月価格:110,000円+税<仕様>ケース:ステンレススチールケースケース径:42mmダイヤル:ブラック針:ベージュのスーパールミノバ加工が施されたニッケル時針・分針/モールス信号表記で「EUREKA」の文字がプリントされたニッケル秒針ムーブメント:自動巻きH-10標準持続時間:80時間ストラップ:ブラックレザーストラップ/ピンバックル風防:サファイアクリスタル防水性:10気圧防水※初回2,555個限定でスペシャルボックスが付属。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードクリストファー・ノーラン

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース