映画『コンフィデンスマンJP』長澤まさみ×東出昌大×小日向文世が信用詐欺師に

2018年12月14日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 月9ドラマの『コンフィデンスマンJP』が映画化。2019年5月17日(金)に劇場公開される。

■古沢良太が手掛けるオリジナル月9ドラマが映画化

 『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月期に放映された月9ドラマだ。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らが出演し、脚本は、映画『ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、ドラマ『リーガル・ハイ』などの作品を手掛けた古沢良太が担当。ドラマ放映時は高い視聴率を記録し、各所から高評価を得ていた。映画の脚本も、ドラマに引き続き古沢良太が手掛ける。

■詐欺師が繰り広げる痛快エンターテインメントコメディ

 物語のテーマは“欲望”や“金”。一見平凡で善良そうな3人の信用詐欺師達(=コンフィデンスマン)が、金融業界、不動産業界、芸能界など、様々な業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディーだ。

 劇場版では、香港を舞台に、史上最大のターゲットを巡って壮大なゲームが繰り広げられる。二転三転する壮絶な騙し合い、ド肝を抜くトリックの連続、規格外の変装、海外ロケと、スケールの大きい世界の中で、目まぐるしくストーリーが展開されていく。

■長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が信用詐欺師に

 天才的な知能と抜群の集中力を持ち合わせながら、いい加減で詰めが甘く、その不完全さ故にどこか憎めない主人公・ダー子役を演じるのは、『50回目のファーストキス』『嘘を愛する女』『銀魂』シリーズなどの話題作にも出演する長澤まさみ。

 騙すことも得意だが、お人好しで小心者ゆえに騙されることもある、ボクちゃん役は、『寝ても覚めても』で主演を務めた東出昌大。百戦錬磨のベテランで、変装や言葉遣いのスキル、根っからの品の良さを活かし、どんな世界の人間のふりもできるリチャード役を、『ミックス。』にも出演した小日向文世が演じる。

■詳細

 映画『コンフィデンスマンJP』公開時期:2019年5月17日(金)出演:長澤まさみ、東出昌大、小手伸也・小日向文世監督:田中亮脚本:古沢良太

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード長澤まさみ嘘を愛する女東出昌大寝ても覚めてもコンフィデンスマンJP

関連記事

広告

財経アクセスランキング