森保ジャパン、パナマに快勝 2試合連続3-0 サッカー国際親善試合  

2018年10月12日 22:01

印刷

 12日、 新潟県・デンカビッグスワンスタジアムでサッカーの国際親善試合が行われ、日本代表がパナマ代表に3-0で勝利した。森保ジャパンは初陣のコスタリカ戦に続き、3-0の快勝を飾った。

 日本はFWに大迫勇也、南野拓実、右に伊東純也、左に原口元気と新旧メンバーをバランスよく配置。ボランチには青山敏弘、三竿健斗、CBを冨安健洋、槙野智章、SBに室屋成、佐々木翔、GK権田修一とフレッシュなメンバーを中心にした。パナマはロシアW杯後に引退したメンバーを除けば、ほぼ変わらず現時点でベストメンバーであった。

 前半23分、青山からのロングフィードにフリーで抜け出した室屋が狙いすましたクロスを送るがDFにクリアされる。前半42分、青山がパスカットしたボールをPA手前の南野に縦パスが通る。南野はボールキープしながら反転、DFを交わし、GKとの1対1でゴール隅に流し込み先制する。

 後半20分、原口が左サイドから体勢を崩しながらボールを前方に出すと、伊東がダイレクトでDFの裏にスルーパスを送る。これに反応した南野がシュートするもGKに弾かれるが、走り込んだ伊東がシュート、これもDFに弾かれるがルーズボールをゴールに押し込んで追加点を奪う。

 後半21分、FWが川又堅碁、北川航也に交代し、後半35分には負傷の伊東に代えて堂安律が投入される。後半40分、原口が中央へドリブルで切り込み、DFの裏にスルーパスを送ると川又がDFともつれながらシュートしたボールがゴールに吸い込まれ3点目となった。

関連キーワード

関連記事