チーム・トヨタが今季初優勝 WRC第5戦ラリー・アルゼンチン

2018年5月6日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

WRC第5戦ラリー・アルゼンチンで、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組のヤリスWRC #8号車が今季初優勝した

WRC第5戦ラリー・アルゼンチンで、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組のヤリスWRC #8号車が今季初優勝した[写真拡大]

写真の拡大

 2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンチンの競技最終日・デイ4が、4月29日に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC #8号車)が今シーズン初優勝を果たした。

 また、ラリー・アルゼンチン初出場だったエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(#9号車)は、総合8位でフィニッシュした。

 WRC第5線のデイ4は、サービスパークが置かれるビジャ・カルロス・パスの西南エリアに広がる山岳地帯で3本のSSが実施され、3日目のデイ3までに10本のSSベストタイムを記録し2位の選手に46.5秒という差を築いていたヤリスWRC #8号車。

 同車を駆るオット・タナック選手は、難易度が高いステージが続くデイ4に入って、勝利を確実にするためペースをやや抑えて堅実なドライブを披露。最終的には2位に33.7秒差をつけ、チーム加入後5戦目にして優勝を達成した。なお、タナック選手とチーム・トヨタはドライバーズ選手権およびマニュファクチャラーズ選手権で、現在3位につけており、2位との差は前戦よりも縮まっている。

 デイ3で総合6位につけていたラッピ選手は、初出場のアルゼンチンで何度もパンクに見舞われましたが、デイ4でも最初のSSでパンクを喫し、順位をふたつ下げ、総合8位でラリーをフィニッシュした。

 しかしながら、ラッピ選手は、いくつかのSSでトップに迫るスピードを示していた。残念な結果に終わったが、WRCの中でも1、2を争うほど困難と言われる、このラリーですべてのSSを走り切り、多くの経験を積み重ねたことはプラス材料といえる。

 また、ヤリ-マティ・ラトバラ選手は、デイ2でクルマが石をヒットし、結果リタイアとなったものの、パフォーマンスについてはトップを競えるレベルだった。次戦での活躍が期待される。

 チーム・トヨタ代表のトミ・マキネン氏によれば、「今回の第5線は、チームにとって本当に素晴らしい結果になりました。オットは週末を通して非常に力強く、最終日デイ4はやや抑え気味のペースでしたが、とても難しいステージなので、勝利のためにあえてリスクを冒す必要はまったくなかったと思います。オットがチームに加入して最初の優勝は、もっともハードなラリーのひとつであるアルゼンチンで実現できました。このような困難なコンディションで、我々のクルマが速さと強さを備えていることを皆さんの前でお見せすることができたと思います。この勝利にはとても重要な意味があります。クルマに高いパフォーマンスがあることは分かっていましたが、チームがハードワークを続けたことによって、遂にこの素晴らしいリザルトを得ることができました。今後も変わらず良い方向に進んで行くことを期待しています」と述べている。

■関連記事
チーム・トヨタ、WRC第2戦「ラリー・スウェーデン」、3車ともに完走
2018 WRC緒戦、チームトヨタ「ヤリスERC」2位、3位、7位で全車完走
1月25日に2018年シーズンが開幕するWRC、トヨタが最新マシン公開
トヨタ、年明け「オートサロン」でGR「スーパースポーツコンセプト」公開
参戦過熱「Formula E」、勝利のカギはパワーエレクトロニクス

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車アルゼンチン世界ラリー選手権

関連記事

広告

財経アクセスランキング