錦織圭、初戦でシャポバロフに逆転負け アビエルト・ メキシコ・テルセル

2018年3月1日 06:44

印刷

 27日、男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル1回戦がメキシコ・アカプルコで行われ、錦織はシャポバロフと対戦、逆転で敗れた。世界ランク26位の錦織圭は同45位で18歳の新鋭D・シャポバロフ(カナダ)に7-6(7-3)、3-6、1-6で敗れ、初戦で敗退した。今年に入ってから初のATP500の今大会で本格的な復帰をしたかった錦織だったが、残念な結果となった。

 第1セットは第1ゲームで錦織にいきなりブレークチャンスがあったが、これを逃すと第4ゲームでは逆にブレークポイントを握られる。
ここは凌ぎ切るとその後はお互い譲らぬ展開となり、タイブレークに突入。要所でポイントを重ねた錦織が7-6(7-3)で先取する。

 第2セットは第1ゲームをブレークされるも第4ゲームでブレークバックに成功する。しかしシャポバロフはすぐに再びブレークに成功し錦織を突き放す。錦織も第8ゲームにブレークチャンスがあったがこれをキープされると、続く第9ゲームで3度目のブレークをされ3-6で奪われる。

 勝負の第3セットであったが、第2ゲームにリターンエースでブレークされると、第3ゲームはポイントも奪えず0-3とリードされる。それでも第5ゲームにブレークチャンスがあったが、これもサービスエースで凌がれると、続く第6ゲームを簡単にブレークされる。そのまま1-6で奪われ、セットカウント1-2で初戦敗退となった。

関連キーワードメキシコ錦織圭テニス

関連記事