アイスランド、仮想通貨採掘の電力量が家庭の消費量超える見込みに

2018年2月15日 20:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 世界的なブームになっている仮想通貨だが、その影響でアイスランドでは仮想通貨採掘に使われる電力消費量が一般家庭の電力消費量を超える可能性があるという(AP通信コインテレグラフジャパンSlashdot)。

 アイルランドの電力会社Hitaveita Sudurnesjaによると、アイルランドで仮想通貨の採掘に使われる電力は年間で100メガワットと予想されるという。これはアイルランドの一般家庭全体で消費される電力量よりも多いそうだ。

 採掘のための電力消費はここ数ヶ月で急増しており、採掘を行う企業との大電力供給契約も増えているようだ。アイスランドは気候が寒冷でハードウェアの冷却コストが低いというメリットがあるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | お金

 関連ストーリー:
中国政府、ビットコイン採掘業者に対する圧力を強化へ? 2018年01月12日
ビットコインの採掘に必要な電力が問題に、「環境に優しい仮想通貨」も生まれる 2017年11月23日
中国、ビットコイン採掘企業に対する電力供給を制限? 2017年11月21日
Bitcoin採掘、消費電力が増えすぎて環境問題に 2013年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアイルランド仮想通貨

関連記事

広告

広告