国際 RSS

 

欧州委員会、米企業が国外保存したデータへの米捜査令状巡る裁判で米最高裁に助言

2017年12月11日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

欧州委員会は7日、米国外のサーバーに保存されたデータの開示を米国の捜査令状で強制可能かどうかについて2014年から争われている米国での裁判に対し、米連邦最高裁への法廷助言書提出を決定したことを明らかにした(プレスリリースThe Registerの記事On MSFTの記事Reutersの記事)。

令状は麻薬捜査に関連したもので、Microsoftに電子メールサービスのユーザーデータを開示するよう命じる内容だ。ただし、送受信したメッセージについてはアイルランド・ダブリンのデータセンターに保存されているため、Microsoftは令状を無効として開示を拒否している。裁判では1審の連邦地裁が令状を有効2審の控訴裁判所では無効と判断し、米政府側の再審理請求も控訴裁判所全法廷が却下していた。そのため米政府は連邦最高裁に上告し、10月に上告が受理されている。

欧州委員会では法廷助言書の提出について、MicrosoftがEU域内から米国に個人情報を転送すればEUのデータ保護規定違反になるとし、米連邦最高裁が国際的なデータ転送に関するEUのデータ保護規定を正しく理解・斟酌した判断を示すようにすることがEUの利益につながると述べている。なお、法廷助言書はMicrosoftと米政府のいずれかを支持するものではないとのことだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 犯罪 | マイクロソフト | EU | アメリカ合衆国 | 法廷 | YRO | スラッシュバック | プライバシ

 関連ストーリー:
米連邦地裁、「バカバカしい特許」を紹介するEFFの記事は言論の自由で保護される 2017年11月25日
全世界のGoogle検索からインデックスを削除させるカナダの裁判所命令に対し、米連邦地裁が事前差止命令を出す 2017年11月05日
米司法省、Googleが米国の捜査令状に従って米国外サーバーのデータを開示する姿勢を見せていると主張 2017年09月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカMicrosoftアイルランド欧州委員会裁判

関連記事

広告