民進・左派が新党「立憲民主党」 枝野幸男代表代行が会見

2017年10月3日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 衆議院選挙(総選挙、10月22日投開票)の公示を10日に控え、民進党のリベラル派の1人でもある枝野幸男代表代行は2日、小池百合子率いる希望の党から出馬を希望しない人たちの受け皿となり、かつ、国民の生活の安心・立憲主義・民主主義・自由な社会をしっかり守るための新党「立憲民主党」を結成する、と発表した。民進党を離党する。

【こちらも】安倍政権打倒に民進が奇策 希望の党へ合流 選挙目的の野合とも

 立憲主義を守れ、と安倍・自公政権に訴えてきた民進党の姿勢を、より鮮明にする党名となった。枝野氏は「安倍政権の暴走に歯止めをかける大きな役割を果たしていく」と支持を求めた。

 枝野氏は「希望の党の理念、政策は、私たちが目指してきたものとは異なる」と断言した。今回の「立憲民主党」立ち上げにより、総選挙は「自公」、「保守系の希望・日本維新」、「中道・リベラル」の3つ巴の構図となり、有権者にとって、投票行動がしやすくなった。

 「立憲民主党」が立ち上がれば、共産、社民は選挙で連携。共闘策を講ずることが可能になりそう。日本共産党の志位和夫委員長は「共闘の大義に立つ方々の動きを歓迎する」とし「逆流を乗り越えることができれば、市民と野党の共闘はさらに強く、確かなものになることは間違いない、連携していきたい」とツイッター発信した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「候補者調整は一両日にも」前原代表
辻元元国交副大臣「希望」には行かず
菅元総理、小池氏は小泉氏を真似ている
共産と社民が20選挙区で候補一本化に合意
リベラル勢力の結集図ろうと福島副党首呼びかけ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党共産党枝野幸男志位和夫選挙小池百合子

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース