民進・前原代表、外交力を発揮することが最も重要 北の核実験受け

2017年9月4日 15:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の前原誠司代表は北朝鮮の核実験を受け、政府に対し「米国と緊密に連携すると同時に、日米韓の緊密な連携を図りつつ、日中首脳間でも緊密なコミュニケーションを図ることが極めて重要」と一層の外交努力を求める談話を4日までに発表した。

【こちらも】朝鮮半島、緊張高まる 米韓が軍事対応も協議

 前原代表は「武力紛争になれば各国市民を巻き込む極めて甚大な犠牲を生む。冷静に日本の外交力を発揮することが最も重要」と求めている。

 また、北朝鮮に対しては「国際社会の強い自制の声や警告に反し、繰り返された核実験は明確な安保理決議違反であり、国際社会に対する明白な挑戦」と非難。「こうした蛮行は、国際社会からのさらなる孤立を招く結果以外に、何ら得られるものはない。北朝鮮はこのような暴挙を繰り返すことなく、核・ミサイル開発を放棄する道を選ぶべきだ」と求めた。

 日本共産党の志位和夫委員長は北朝鮮を強く非難したうえで「米朝両国の軍事的緊張がエスカレートするもとで、当事者たちの意図にも反し、偶発的な事態や誤算などによって軍事衝突が引き起こされる現実の可能性が強まっている」と強く懸念。「おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は絶対に回避しなければならない」とした。

 志位委員長は「国際社会および日本政府に対し、米朝両国に直接対話をうながし、平和的・外交的手段で核・ミサイル問題を解決するため、可能なあらゆる手立てをとることを強く要請する」とし「特に日本政府が対話否定論に固執する態度を改め『いまこそ対話に踏み切るべきだ』ということを米国政府に説くこと強く求める」と対話での解決を促すよう政府に要請している。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
朝鮮半島、緊張高まる 米韓軍事対応への報道も
ゴール(朝鮮半島の非核化)は日中ロ3外相一致
北朝鮮が6回目の「核実験」地震規模M6.1
米韓がF35Bなど朝鮮半島にローテで配備検討
北核問題 平和的解決の重要性再確認 米韓首脳

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮民進党共産党志位和夫前原誠司核実験

関連記事

広告