国際 RSS

 

北朝鮮が6回目の「核実験」 地震規模M6.1

2017年9月3日 21:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 北朝鮮が3日、6回目の核実験をしたもよう。聯合ニュースは「韓国の青瓦台(大統領府)高官は同日、北朝鮮でマグニチュード(M)5.6の地震が発生したことに『6回目の核実験によるものと推定することが可能』との見方を示した」と報じた。

【こちらも】あなたのスマホはJアラートが鳴る?情報受け取るには事前の設定が大事

 「韓国気象庁は同日午後0時36分に北朝鮮北東部の咸鏡北道・吉州郡付近でマグニチュード5.6の地震が発生した。人工的な地震と推定されると明らかにした」という。

 一方、日本政府も菅義偉官房長官が記者会見し「気象庁が12時31分ごろ、北朝鮮を震源とする『自然地震ではない可能性のある地震波を観測した。過去の事例を踏まえると、核実験の実施に伴う可能性がある』との判断を示した。

 気象庁によると地震発生時刻は3日12時29分57秒、震源は北緯41.3度、東経129.1度、深さ0キロメートル。地震規模はM6.1としている。

 菅官房長官は安倍総理から、米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする関係国と連携を図ること、国民に対して的確な情報提供を行うことなどの指示があったとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
米韓がF35Bなど朝鮮半島にローテで配備検討
北核問題 平和的解決の重要性再確認 米韓首脳
北の脅威に歯止めなき軍拡路線への危険
国連安保理制裁決議、調整「まだまだ」外相
朝鮮半島上空の米戦略爆撃機 岩国から発進した

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国韓国菅義偉官房長官地震核実験

関連記事

広告