安倍首相、核なき世界へ着実に歩進める努力は責務

2017年8月10日 11:37

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は9日、長崎市の平和公園で催された長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつし「唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現に向けた歩みを着実に前に進める努力を絶え間なく積み重ねていくことが、今を生きる私たちの責務」と誓った。

【こちらも】広島市長、政府は核保有国と非保有国の橋渡しをと

 また、安倍総理は「真に核兵器のない世界を実現するためには、核兵器国と非核兵器国双方の参画が必要です。我が国は非核三原則を堅持し、双方に働きかけを行うことを通じて、国際社会を主導していく決意です」と広島に続いて、長崎でも、核兵器保有国と非保有国の橋渡しを日本が果たすとした。

 また、安倍総理は「核兵器不拡散条約(NPT)発効50周年となる2020年のNPT運用検討会議が意義あるものとなるよう、積極的に貢献していく」と語った。

 安倍総理はあいさつの結びに「改めて、核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことをお誓いする」と決意を示した。

祈念式には被爆者や遺族ら約5400人が参列。国連など国際機関や58の国や地域と欧州連合(EU)等の代表者も出席し、犠牲者の冥福と世界平和を祈念した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
政策課題にしっかり結果出し信頼回復図る 総理
「非核三原則を堅持する」安倍総理 広島で誓う
政府は核保有国と非保有国の橋渡しをと広島市長
安倍総理 現職総理で初めて「真珠湾」を訪問へ
北の核実験「広島原爆の7割から8割水準」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三核兵器

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース