スウェーデンで大規模な情報漏えい、IBMの下請けがデータを漏らす

2017年7月29日 15:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スウェーデン政府の情報システムに記録されていた同国民の個人情報が大量に流出する事故が発生していたとのこと(AFPIndependentFinancial Times)。

 この情報漏洩事故は2015年に発生していたが、発覚したのは先週だという。流出したのはスウェーデン政府および警察のデータベースで、運転免許に関するデータに加え、軍人の個人情報、有事の際の対応計画なども含まれていた可能性があるという。影響はほぼすべての国民におよぶとされている。

 このシステムはIBMスウェーデンが落札し、同社がチェコやルーマニアの企業に業務を外注していたという。その際の設定に不備があり、これらデータに誰もがほぼ無制限にアクセスできる状況になっていたという。システムを迅速に構築するため、いくつかの法律や内部手続きが省略されていたことが流出事故の引き金になった可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | IBM | 情報漏洩

 関連ストーリー:
英爆弾テロ事件の情報が米当局から情報漏洩。英警察、米当局との情報交換を停止へ 2017年05月30日
情報漏洩対策ソフトの脆弱性を狙った攻撃が相次ぐ 2017年04月12日
「データ持ち帰ってません」がホントかどうかを調査 2007年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM下請けスウェーデン

関連記事

広告