日韓首脳によるシャトル外交再開へ 安倍首相が文大統領と初の会談

2017年7月10日 08:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と7日、G20首脳会議を活用し、初の首脳会談を行った。会談では両国首脳が相互に相手国を訪問する「シャトル外交」を再開することを決めた。

【こちらも】双方が自国への訪問を要請 日韓首脳電話会談で

 外務省によると会談は約35分間にわたり行われ、安倍総理から(1)文大統領と共に未来志向の新たな日韓関係を構築していきたい(2)文大統領と緊密に意思疎通を行い、政治・安保、経済、文化などあらゆる分野で交流や協力を発展させていきたい(3)地域の平和と安定のため、北朝鮮問題に関する連携も更に強化したい旨を述べたとしている。

 また安倍総理から日韓両国は隣国であるがゆえに難しい問題があるのも事実だが、こうした難しい問題が全体の日韓関係に悪影響を及ぼさないよう適切にマネージすることが日韓両国共通の利益、とし、日韓合意は未来志向の日韓関係を築いていくための欠くべからざる基盤である旨を述べたとしている。

韓国・聯合ニュースも「両首脳は相互に相手国を訪問する「シャトル外交」を再開させることなどを決めた」と報じた。この中で「青瓦台(韓国大統領府)によると、文大統領は会談で両国が親しくなるのを妨げるものがあると述べ、慰安婦問題を巡る2015年12月の韓日合意について『わが国民の多数が情緒的に受け入れられずにいる現実を認め、韓日両国が共同で努力し賢く解決していきたい』と語りかけた。その上で『この問題が両国のほかの関係発展の障害になってはならない』との考えを示した」としている。

また「文大統領は『両国は基本的価値と戦略的利益を共有するだけでなく、地理的・文化的に最も近い友人』とし、『歴史の傷をうまく管理し、未来指向で成熟した協力パートナー関係構築のために共に協力することを望む』と呼びかけた」と報じた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
篠塚総領事発言に韓国が発言撤回と再発防止要請
米国に3体目の少女像が設置された
「竹島を韓国不法占拠」に韓国外相が遺憾の意
日韓外相が電話会談で対北朝鮮へ圧力強化を確認
早期の日韓首脳会談の実現に期待 文大統領

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三韓国北朝鮮外務省G20慰安婦文在寅

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース