改憲内容は国民的議論と理解深まる中で決まる 菅官房長官

2017年6月28日 07:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、安倍晋三総理が自民党総裁として憲法改正に向け、秋の臨時国会に党の改正案を憲法審査会に提出する考えを表明した狙いについて「自民党内での議論であって、政府としてコメントするのは控えたい」としたうえで「自民党は憲法改正を党是として結党した党。安倍総裁は憲法改正の議論を活性化するため、憲法改正を公にした」と強調した。

 そのうえで、菅官房長官は「今回の安倍総理の神戸市での講演発言も、自民党総裁として述べたものと認識している」とした。

 また菅官房長官は「自民党内で、様々な議論がされることは当然のこと。党内で具体的な改正内容を議論し、取りまとめていく事になるだろう」と述べた。

 来年の通常国会で憲法改正発議をすることを目指すのかとの記者団の問いに「いずれにせよ、国会の憲法審査会で議論されている。具体的な改正内容については国民的な議論と理解が深まる中でおのずと決まっていく。憲法審査会の場では各党がそれぞれの案を持ち寄って議論すべきものだと思う。静かな環境で議論を進めていければと思っている」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
年内に自民党改憲案を国会に提出へ 安倍総裁
憲法改正最優先、他には目つむり総理を守る自民
改憲 国民議論の熟成待ちながらするべき話
改憲メッセージは国民的議論の深まり期待と総理
総理の読売新聞を読んでください答弁に撤回要求

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神戸安倍晋三自民党菅義偉官房長官憲法改正憲法国会

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース