ブラジルの電子機器メーカー、Intelのチップ原因で信用を失ったと提訴

2017年6月18日 19:25

印刷

記事提供元:スラド

Intelのモバイル向けSoCにより会社の信用が失われたとして、ブラジルの電子機器メーカーQbexがIntelを相手取った訴訟を米国・カリフォルニア北部地区連邦地裁に提起した(訴状: PDFThe Registerの記事)。

Qbexは手頃な価格で高品質な電子機器が評価され、ブラジルで売り上げを伸ばしていたという。しかし2015年にIntelのAtom SoFIA SoCをスマートフォンで採用したところ、過熱や発火、爆発などの問題が相次いで発生することになる。

Qbexが独自に調査したところ、SoFIAの欠陥が原因であることが判明したとのこと。QbexではSoFIA搭載スマートフォンの販売を中止したが、ブラジルで4,000件以上の訴訟に直面。信頼性が高く手頃な価格のローカル電子機器ブランドであったQBEXは、爆発するスマートフォンのブランドとみなされるようになったという。

QbexはIntelが欠陥を知りつつSoFIAの販売契約を結んだと主張し、損害賠償などを求めている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 法廷 | Intel | バグ | 携帯電話 | IT

 関連ストーリー:
ARM版Windows 10、Intelの特許を侵害する可能性? 2017年06月10日
IntelのAtom C2000シリーズに不具合、最悪システムが起動しなくなる可能性 2017年02月08日
ジョン・マカフィー、自分の会社に自分の名前を使う権利があることの確認を求めてIntelを訴える 2016年09月04日
Intel、「Apollo Lake」こと低価格PC向けの新プロセッサーを静かに発表 2016年09月04日
Intel、モバイル向けSoCの開発を中止へ? 2016年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジルIntel

関連記事