適切、効果的に運用したい テロ等準備罪で安倍首相

2017年6月16日 07:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は15日、テロ等準備罪(共謀罪)が成立したことを受け、記者会見し「東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控えており、1日も早く『国際組織犯罪防止条約』を締結し、テロを未然に防ぐために国際社会としっかりと連携していきたいと思う。そのための法が成立したと考えている」と強調した。

 また安倍総理はテロ等準備罪の運用について「国会の審議、議論を踏まえ、国民の生命・財産を守るために本法を適切に、効果的に運用していきたい、施行していきたいと考えている」と述べた。

 テロ等準備罪は対象犯罪を277とし、暴力団など犯罪を目的とする『組織的犯罪集団』を処罰の対象にしているが、2人以上で重大犯罪を計画し、1人が現場の下見など準備行為をすれば計画合意の全員が処罰されることになる。今月21日公布、7月11日施行予定。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安倍政権打倒に全力を挙げていく 蓮舫代表談話
共謀罪「ゼロに戻すのが一つの目標に」蓮舫代表
テロ等準備罪 自民・公明ら強行採決し、成立
与党が委員会審議打ち切り、本会議で採決を提案
党首討論を予算委の駆け引きに使うことが不謹慎

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三東京オリンピックテロ等準備罪

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース