中国初となる国産空母が進水

2017年4月29日 09:38

印刷

記事提供元:スラド

 中国初となる、国産空母が4月26日に進水したと報じられている(ロイター読売新聞産経新聞NHK)。

 中国はウクライナ製の船体を改造した空母「遼寧」は所持していたものの、国産の空母は初となる。この空母は遼寧をベースに改良を加えたもので、全長約300m、排水量は約5万トンだそうだ。就役は2020年ごろになるという。中国は今後も空母の建造が進める予定のようだ。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | 中国

 関連ストーリー:
中国海軍、南シナ海で米軍の海洋調査用無人潜水機を拿捕 2016年12月21日
中国、海上浮動式原発建設計画を明らかに 2016年02月01日
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」就役 2015年03月28日
時速5,800kmで進む潜水艦、中国で開発中? 2014年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ウクライナ

関連記事