TOYOTA GAZOO Racing、3台目のWRカー「ヤリスWRC」を実戦投入

2017年4月19日 11:31

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

TOYOTA GAZOO Racingは、5月19日から開催されるWRCの第6戦である「ラリー・ド・ポルトガル」に、3台目のトヨタWRカー「ヤリスWRC」を投入する。写真は参戦するエサペッカ・ラッピ選手(写真右)とコ・ドライバーのヤンネ・フェルム選手

TOYOTA GAZOO Racingは、5月19日から開催されるWRCの第6戦である「ラリー・ド・ポルトガル」に、3台目のトヨタWRカー「ヤリスWRC」を投入する。写真は参戦するエサペッカ・ラッピ選手(写真右)とコ・ドライバーのヤンネ・フェルム選手[写真拡大]

写真の拡大

 今年から世界ラリー選手権(WRC)に復帰・参戦し、緒戦から好成績を挙げているTOYOTA GAZOO Racingが、5月19日から開催されるWRCの第6戦である「ラリー・ド・ポルトガル」に、3台目のトヨタWRカー「ヤリスWRC」を投入すると発表した。

 GAZOO Racingチームのテストドライバーであるエサペッカ・ラッピ選手とコ・ドライバーのヤンネ・フェルム選手がWRC第6戦に参戦する。

 チームTOYOTAの「ヤリスWRC」は、緒戦モンテカルロでのデビュー以来、想定以上の成績を収めており、第2戦「ラリー・スウェーデン」では、ラトバラが総合優勝を勝ち取ることができた。しかし、TOYOTA GAZOO Racing WRTは、復帰初年度である2017年を“学びの年”と捉え、今回の3台目(エサペッカ・ラッピ選手とコ・ドライバーのヤンネ・フェルム選手)の投入により、ヤリスWRCの開発を更に加速させることができると確信しているとしている。

 ラッピ選手は、昨年のWRC 2でシリーズ優勝を果たし、ラリー界で有望視されている若手ドライバーのひとりで、2017年シーズン前から同チームにテストドライバーとして加入しており、ヤリスWRCを良く知っている。チームは、今回の参戦で26歳のラッピが今後に向けた活躍を期待していると発表した。

 チームTOYOTA代表のトミ・マキネン氏は、「エサペッカ・ラッピは、とても若くハングリー精神旺盛なドライバーです。今回のヤリスWRCでの初めてのラリー参戦に向けて、十分なテスト走行をすることができたとは言えませんが、彼なら全力を尽くしてやってくれるでしょう。彼の目標は、チームの目標と同じく、ラリーを完走し、出来る限り多くのデータを集めることです。我々はヤリスWRCの開発を更に進める必要があり、エサペッカはその重要な役割を担うことになります。もちろん、通常のテスト走行から得られるものも多くありますが、実戦で強い競争相手と競うことにより、さらに多くのことを得ることができます。そのため、我々はエサペッカとヤンネを今年のシリーズ中に数回出場させることを決めました。若いドライバーにチャンスを与えることも重要です」と語ったという。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
WRC「チーム・トヨタ」、第3戦「メキシコ」でも2台完走・入賞
チームトヨタ、WRC復帰第2戦ラリー・スウェーデンで優勝を飾る
チーム・トヨタ、世界ラリー選手権、復帰第1戦で2位に入賞
トヨタ、1月19日開幕のWRC参戦に向けてマシン公開とメッセージを──オートサロンで
AUDI、2016年をもってWECから撤退、その理由と18年間の参戦の意味

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタスウェーデン世界ラリー選手権

関連記事

広告

財経アクセスランキング