数百ドルのドローン兵器撃墜に340万ドルのミサイルを使った米軍

2017年3月22日 16:47

印刷

記事提供元:スラド

 中東ではテロ組織がドローンを兵器として活用していることはたびたび話題になっているが、こういった兵器ドローンの撃墜に、米軍などの同盟国軍が地対空ミサイル「パトリオット」を使用したそうだ(CNN.co.jpsorae.jpBusinessNewsline)。

 ドローン兵器は数百ドル程度のコストで購入できるいっぽう、パトリオットは1発340万ドル。費用対効果が悪いことについては米軍も認識しているという。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
DARPA、目的達成後に自動的にドロンと消えるドローンを開発中 2015年10月16日
ドイツ企業、警備用途向けにドローン撃墜レーザーを開発。約3秒の照射で撃破 2015年06月30日
国連、殺人ロボット兵器に関する専門家会合を開催 2014年05月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン米軍テロ

関連記事