バングラデシュ、児童婚を条件付きで認める法律を可決

2017年3月3日 21:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 バングラデシュで18歳未満での結婚が特定条件下で認められることになったという。新たに制定された法律では年齢制限がなく、条件を満たしていれば何歳でも結婚できるとのことで、これに対し人権団体などから批判が出ているようだ(AFP)。

 法律では、原則として結婚可能な年齢は男性が21歳、女性が18歳とするものの、「駆け落ちする、性的暴行を受ける、非嫡出子を出産する」といった特定状況下ではこの年齢制限を緩和するとのこと。議員らは「村落の現実を反映させたもの」と述べており、実際バングラデシュは15歳未満の少女の児童婚率が世界でもっとも高いという(Human Rights Watch)。児童婚が多いのは貧困が大きな理由で、むしろ若いうちに結婚させるべきという風潮もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
女性が結婚できる年齢、18歳に引き上げへ 2016年09月05日
「12歳女子が37歳男性と結婚」という設定の児童婚撲滅キャンペーン 2014年10月14日
米国務省、日本の「JKお散歩」を新たな性的人身売買の例として取り上げる 2014年06月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード貧困バングラデシュ結婚出産

関連記事

広告